メノポーズ鍼灸院へ ようこそ! <「メノポーズ鍼灸®️」更年期鍼灸 の はり・きゅう陽明堂>

登録販売者・メノポーズ(更年期)カウンセラー・サプリメントアドバイザーなどの資格がある鍼灸院の院長です。鍼灸や東洋医学・更年期などについて書いていきます。趣味の天然石アクセサリー作りやハーブ・薬草もあり(^^)

ヘビ研ファンにおススメの本(^^♪

◆ハブ咬傷との壮絶な闘い◆ 

今年は日本蛇族学術研究所50周年です。

ヘビ研のファンクラブの会員としては、お仲間を増やしたいし、ヘビ研の凄さを知って欲しい(笑) ヘビに関する投稿が続くかもしれません(^^;)

 

現在では抗毒素(血清)のおかげでハブ咬傷で亡くなる人はほぼ0ですが、以前はハブに咬まれたら苦しんで死ぬか、運良く助かっても切断や後遺症が残る、残酷な状況でした。

抗毒素を作ってもハブがいるので電気が引けず冷蔵保存が出来ず、抗毒素が使えなくなってしまう。

どうしたらいいか?

インスタントコーヒーを見て乾燥抗毒素を思いつき、冷蔵庫がなくても抗毒素を長期間保存できるようになり、たくさんのハブ咬傷の方が助かるようになりました。研究の結果、筋肉注射でなく静脈に点滴で投与の方が抗毒素の中和効率が良く、亡くなる方がほぼ0という素晴らしい結果になりました。

ハブ咬傷との壮絶な闘いをした、ヘビ研を開設し理事長を歴任した沢井芳男先生の一生を書いた本「毒蛇」。

「完本・毒蛇」としても出ていますが、新刊ではもうないかもしれません(^^;)

f:id:acu_qian-ming:20180629145335j:plain

 

 

 

ヘビ研の毒蛇温室に1枚のハブ咬傷の方の写真があります。

f:id:acu_qian-ming:20180629145450j:plain

 

ハブ咬傷の凄まじさを無言で語る1枚の写真。

「毒蛇」にも登場する人物の写真です。

f:id:acu_qian-ming:20180629145544j:plain

 

「名人ハブ源の左足」にも書かれて、この話は戸川幸夫氏の「虎は語らず」に収められています。 

中本英一氏の「ハブ捕り物語」のにもこの左足の持ち主の話が書かれています。

これらの本も絶版かもしれません(^^;)

f:id:acu_qian-ming:20180629144638j:plain

 

 

 

ヘビ研50周年に思いをはせて、読んでみるのもよろしいかと思います(^^♪

古書店で探してみてください(^^)/

 

ランキングに参加しております。ぽちっとお願い致します(^^)/


にほんブログ村


にほんブログ村


人気ブログランキング