メノポーズ鍼灸院へ ようこそ! 〜「更年期」を「幸年期」へ〜 「メノポーズ鍼灸®️」 の はり・きゅう陽明堂

登録販売者・メノポーズ(更年期)カウンセラー・サプリメントアドバイザーなどの資格がある鍼灸院の院長です。鍼灸や東洋医学・更年期などについて書いていきます。趣味の天然石アクセサリー作りやハーブ・薬草もあり(^^)

父が亡くなった日(2)

◆多分、AM2時頃だろう◆

1日中自宅に居た4月20日の夕方。

何となく騒つく嫌な感じがし、気持ちが変に高揚している。なんか今晩は寝られないかも。と単純に思ったが、今思うと、これが虫の知らせというものだったのかもしれない。

夕食の買い出しに行った。買い物は、まずは父が食べられそうなものを考えるのが日常化していた。

 

陽気が足りないから、山薬である山芋を食べさせよう。温泉玉子。野菜を煮てミキサーにかければ食べられるだろう。

この日の父の夕食は、お粥・山芋おろし・温野菜ペースト・温泉玉子・蜂蜜入りヨーグルト・野菜ジュース。

母が食べさせた。しっかり完食だった。

 

あとから母から聞いた様子は、この日の夜はいつもより落ち着きがなく、何回もチェアー型マッサージ機とベッドを行き来し、トイレも回数が多かったらしい。

 

明日は日曜日だから、ちょっとだけ朝ゆっくりしようと思ったが、いつもの習慣で朝5時前に目が覚めた。

6時を少し回った頃に玄関のチャイムが鳴る。

尋常じゃない鳴らし方。

嫌な予感しかしない。

母の叫び声。

「良美が冷たくなってる!」

「死んでるの?」と私。

「わからない!」と取り乱す母。

自分でもおかしく思ったのだが、あの脈と予感があったので妙に冷静だった。

 

ベッドに横たわる父は、いつもの様子と変わらず。「親父」と声をかけるが反応がない。

肩を揺らすが、反応はなく、違和感のある冷たさと硬さ。

頸動脈・橈骨動脈・足底動脈を触る。

瞳孔も観る。

反応がない。

顎の硬直具合から3〜4時間位経っているだろう。苦しんだ様子は全くなかった。起き出してきそうないつもの様子だった。

多分、いつもトイレに行く2時頃に目を覚まし、母を呼ぼうとしてそのまま事切れたのだろう。

 

母に「電話して!」と叫ぶ。「救急車?」と母。「違う!Aクリニックだよ!」

弟に電話をかける。「親父が死んだ。脈がない。」弟は無言のまま電話を切った。

 

親父と私の2人だけの、束の間の時間。

「親父、頑張ったなぁ。苦しまなくて、良かったよ。いい死に方だなぁ。」

開いていた目をゆっくり閉じさせた。

 

 

 ランキングに参加しています。ポチッとお願いします(^^)/

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 更年期障害へ
にほんブログ村


人気ブログランキング