メノポーズ鍼灸院へ ようこそ! <「メノポーズ鍼灸®️」更年期鍼灸 の はり・きゅう陽明堂>

登録販売者・メノポーズ(更年期)カウンセラー・サプリメントアドバイザーなどの資格がある鍼灸院の院長です。鍼灸や東洋医学・更年期などについて書いていきます。趣味の天然石アクセサリー作りやハーブ・薬草もあり(^^)

国立科学博物館「昆虫展」に行きました(^^)

◆「昆活」して来ました(笑)◆

ぐんま昆虫の森の年間パスポートを購入して昆虫の森に行きまくり、現・名誉館長の矢島稔先生の著者に直筆サインを頂いたり、昆虫好き( *´艸`)

国立科学博物館の昆虫展。楽しみで楽しみで、オリジナルグッズ付きの前売り券を購入していました(笑)

f:id:acu_qian-ming:20180816220906j:image

 

やっと時間が取れたので、チビ2人と上野へ。

国立科学博物館には何回も来ているので、カハクまでの道のりは手慣れた物(笑)

午前中10時過ぎに到着し、入場まで10分位。午後からの方が空いているので、これから行かれる方は、午後がおススメです(^^♪
f:id:acu_qian-ming:20180816220855j:image

 

一番最初は巨大昆虫のお出迎え。
f:id:acu_qian-ming:20180816220900j:image
f:id:acu_qian-ming:20180816221038j:image

周りの小学生以下の子供達は大喜びしてました。

 

世界一大きい蝶はアレクサンドラトリバネアゲハ

こういう展示の仕方も面白い(^^♪大きさが良くわかる。
f:id:acu_qian-ming:20180816221029j:image

 

綺麗な蝶!と思った方。残念でした。

この綺麗な蝶は、「蛾」です(笑)

蛾と蝶の区別は難しいのですが、蛾の方が種類が多く、その蛾の一部のハイブリットタイプが蝶。という認識だ。と以前ぐんま昆虫の森の矢島稔先生が話してました。
f:id:acu_qian-ming:20180816220957j:image

 

つやつやで金属みたいなコガネムシ。綺麗!
f:id:acu_qian-ming:20180816220940j:image

 

…「Gの部屋」(笑)

ゴキと書かないところが奥ゆかしい(笑)

マダガスカルオオゴキブリは昆虫の森で手に取って触った事があります(笑)(^^;)

色々な種類がいて、こう見ると面白い(笑)
f:id:acu_qian-ming:20180816221012j:image

 

 

群馬でも山の方で時々見かけたオオルリシジミ

最近山の方に行かないせいか、暫く見ていないな。と思っていたら、絶滅危惧種に!Σ(゚Д゚)
f:id:acu_qian-ming:20180816221001j:image

 

絶滅危惧種、かなり多くなってます。
f:id:acu_qian-ming:20180816221042j:image
f:id:acu_qian-ming:20180816220916j:image
f:id:acu_qian-ming:20180816221050j:image
f:id:acu_qian-ming:20180816221025j:image
f:id:acu_qian-ming:20180816220931j:image

絶滅しないように、保護して増やしていけたらいいな。と思いました。

 

 

擬態する虫も多く、面白い(^^♪

有名なオオコノハムシ。
f:id:acu_qian-ming:20180816221032j:image

 

枯葉に擬態するコノハチョウ。
f:id:acu_qian-ming:20180816220920j:image

 

フクロウを真似して食べられないようにしている蝶や蛾。
f:id:acu_qian-ming:20180816221016j:image

 

 

個人で昆虫収集をしている人達のコレクションを展示。

凄すぎる!Σ(゚Д゚)
f:id:acu_qian-ming:20180816221009j:image

 

個人で世界中の昆虫を収集している。熱意と情熱に脱帽しました。
f:id:acu_qian-ming:20180816221021j:image

 

 

今回の目玉。

マダガスカルで発見した新種!

セイボウの一種。ブルーの綺麗な小さな蜂って感じ。

大きさは5mm位なので、よくよく見ないと分かりません(笑)(^^;)
f:id:acu_qian-ming:20180816220924j:image

 

最後は昆虫を利用した現在の研究。

以前、カハクで「光展」を見に行った時に、「光る蚕」の研究をしていて、その絹糸で十二単の舞台衣装を作った。というのを展示してあった。

グンマーは養蚕の盛んな地域なので、お蚕様に出会えるのはやはり嬉しくなる(^^♪
f:id:acu_qian-ming:20180816220944j:image

 

蚕もいろいろな種類がいる。
f:id:acu_qian-ming:20180816221046j:image

 

グンマーでは、「蚕」なんて言ってはいけない

大事な大事な収入源なので「お蚕様」と言いなさい。と地元の子供達は言われてきたのは、もう今は昔の話。
f:id:acu_qian-ming:20180816220927j:image

 

ヤママユの蛹は、グリーンで綺麗(^^♪
f:id:acu_qian-ming:20180816220952j:image

 

遺伝子操作で、ブラックライトを照らし特殊パネルを通して見ると、このように光る蚕が作りだされました。
f:id:acu_qian-ming:20180816220935j:image

 

その遺伝子操作の蚕から採った絹糸で作ったウェディングドレス。
f:id:acu_qian-ming:20180816221004j:image

 

最後のパネル展示は、オフィシャルサポーターのカマキリ先生こと、香川照之さんを展示(笑)(^^;
f:id:acu_qian-ming:20180816220912j:image
f:id:acu_qian-ming:20180816220948j:image

52歳で、あのポスターの恰好が似合う人は、なかなかいない(笑) 

 

お土産は、図録と特別展の昆虫版ジャポニカ学習帳!とコーパル磨きセット(笑)

ジャポニカ学習帳は、昆虫が嫌いな子が増えてしまったので、現在は花の写真となっています。昆虫バージョン!(≧▽≦)嬉しい~~!ヽ(^o^)丿

琥珀を磨く。となっていますが、正確にはコーパル。琥珀になる前の半化石状の植物樹脂。加工しやすいのですが、劣化もしやすいのが欠点かな(^^;

f:id:acu_qian-ming:20180817063620j:image

f:id:acu_qian-ming:20180817075839j:image

半化石と言っても、新生代の物なので500万年位前の物です。

 

オリジナルグッズはペーパークラフト

f:id:acu_qian-ming:20180817063628j:image

 

「昆虫展」の感想としては。

昆虫好きの大人としては、やはり子供向けなので物足りないし、子供っぽく感じる。

展示の仕方を工夫してあって、小学生以下の子供達は楽しいだろうな(^^♪

中学生になった子供達は、標本は「昆虫の森で見たからいいや」なんて言う(・・;)

大人視点ではもう少し学術的でも良かったかも(^^;)

でも、「昆虫の苦手な子供達!昆活しようぜ!!」という気持ちはもの凄く伝わってきた、楽しい展示でした(^^♪

 

ランキングに参加しております。ぽちっとお願い致します(^^)/


にほんブログ村


にほんブログ村


人気ブログランキング

つい衝動買い(^◇^;)

◆本屋は危険地帯(笑)◆

お盆休みなのにバタバタしていて全くゆっくり出来ませんが、久々に書店に行きました(^^♪

最近はネットで本を買う事が多く、仕事柄鍼灸や漢方などの本が多いです。ポイントが付くし、あまり遊ばず、堅実狙い。津波で流された本の買い直しも多い。

 

お目当ての本を決めず、時間をかけて色々なジャンルの本を眺め、気になった本を手に取ってみる。面白そうなら購入。書店の贅沢な楽しみ方だと思います(^^♪

今回、つい衝動買いをした本は3冊。

f:id:acu_qian-ming:20180816062456j:plain

 

岩波ブックレットは結構好き。題名買いをする事が殆ど。今回は2冊購入。

「ルポ チェルノブイリ 28年目の子どもたち」「女性活躍後進国 ニッポン」

女性更年期を勉強していくと、やはりこの「女性活躍後進国」という問題も関わってきます。医学部や一部の芸術系の大学の採点加算問題も、この「女性活躍後進国」ならではの事件。私も地方にいるからか、いろいろ言われます。

男性が仕事で都内や他の地域に出かけると「仕事熱心」と言われます。

女性が仕事で都内や他の地域に出かけると「子供や家庭を放ったらかしにして遊んでる」と言われます。

女の敵は女であり、女の味方も女。女の足かせは男。

私はそう思っています。

「女性活躍後進国 ニッポン」なのは、何が原因なのか。考えてみたいと思います。

 

「毒」魅力的な響き…

天然毒が好きですね~。毒は使い方で薬にもなりますし、魅力的…(笑)背表紙に「毒」という字を見つけると、つい手に取ってしまいます(笑)(^^;

 

今日は子供達と国立科学博物館の昆虫展に、行ってきます。

もう明日は仕事です。

…いつ、休んだんだろう…(-_-;)

 

 

ランキングに参加しております。ぽちっとお願い致します(^^)/


にほんブログ村


にほんブログ村


人気ブログランキング

誕生日にヘビ研(^◇^;)

◆誕生日でした(^◇^;)◆

お盆休みとはいえ、仕事してないだけであちこち出掛けたり、他の人に振り回されていて、のんびり出来ません(;´Д`)

お盆休み中にやらなくてはならない事も溜まっているのに、全然手をつけられない(-言-)

 

昨日は私の誕生日なので、1人でのんびりヘビ研に行こう(♡ˊ艸ˋ♡)と計画していたら、娘がくっついて来ました(^^)

ヘビ研のファンクラブの家族会員だから、入場料はかからない( *´艸`)

 

今回は、

・ドクフキコブラの毒吹き実験

・財団設立50周年特別教室

・ヤマカガシに咬まれる人をなくしたい展

・財団設立50周年 –蛇研の50年–

この4点のミッション。

 

f:id:acu_qian-ming:20180814223736j:plain

まずは、採毒室でのドクフキコブラの毒吹き実験。

 

f:id:acu_qian-ming:20180814223802j:plain

鏡越しにコブラを威嚇して、毒を吹くかの実験。
私はなかなかコブラと目が合わず、毒を吹かせられなかった(;´Д`)残念(;´Д`)

 

そのまま、「ヤマカガシに咬まれる人をなくしたい展」へ。

いつもは、採毒室の奥は子蛇が展示してあるけれど、そこに日本各地のヤマカガシを展示してありました。

f:id:acu_qian-ming:20180814223827j:plain

ヤマカガシは地域によって体表の色に違いがあり、見間違えしやすい蛇です。


東日本・中国・四国・九州エリアは、赤と黒の斑紋が交互に並び、下あごや頸の付近が黄色っぽい。中国地方では青っぽい個体もいる。
近畿エリアは全身がくすんだ緑色で、赤や黒の斑紋はほとんどないか、赤い斑紋がわずかに残る。

f:id:acu_qian-ming:20180814223855j:plain

 ↑ 岐阜のヤマカガシ

 

f:id:acu_qian-ming:20180814223916j:plain

 ↑ 高知のヤマカガシ

 

f:id:acu_qian-ming:20180814223938j:plain

 ↑ 長崎のヤマカガシ

 

f:id:acu_qian-ming:20180814223956j:plain

 ↑ 岐阜のヤマカガシ

 

f:id:acu_qian-ming:20180814224021j:plain

 ↑ 岐阜のヤマカガシ

 

f:id:acu_qian-ming:20180814224040j:plain

 ↑岐阜のヤマカガシ

 

f:id:acu_qian-ming:20180814224101j:plain

 ↑ 岡山のヤマカガシ

 

f:id:acu_qian-ming:20180814224150j:plain

  ↑ 岡山のヤマカガシ

こんなに色々な地域のヤマカガシを1箇所で観ることが出来るなんて! なんて凄いんだろう(♡ˊ艸ˋ♡)

ヤマカガシ、可愛い顔してる( *´艸`)

…この凄さをわからない娘は、冷ややかな視線で私を見ておりました(-_-;)

 

次は資料館へ。

ヘビの骨格やホルマリン標本が展示してありますが、なんせ設立50年なもんで…(^^;

古さが目立ちます。

私が子供の頃は、資料館の奥は食堂になっていた記憶がある。

f:id:acu_qian-ming:20180814224344j:plain

 

いつもはキングコブラが展示してあるところが、「蛇研の50年」展になっていました。

f:id:acu_qian-ming:20180814224324j:plain


当時はこんな感じだったのであろう。という部屋を再現してありましたが、

きっと、今とあまり変わらないんじゃないかな?(笑)

f:id:acu_qian-ming:20180814224407j:plain

 

蛇研で沢井芳男先生が研究し作ったハブの血清。

この血清のおかげで、ハブに咬まれても死ぬ人が激減しました。もっと功績を讃えてもいいんじゃないかな?

f:id:acu_qian-ming:20180814224224j:plain

 

現在蛇研で研究しているヤマカガシの血清。

そろそろ次のヤマカガシの血清を作るので、ヤマカガシの毒を採集している。といっていました。

f:id:acu_qian-ming:20180814224611j:plain

 

 

 資料館の隣の研修室で「財団設立50周年特別教室」

f:id:acu_qian-ming:20180814224450j:plain

 

 堺淳先生の講義。とても素晴らしい研究者です。ヤマカガシの血清研究をされています。

蛇研の歴史と役割。蛇の見分け方。などを、わかりやすいテンポで話してくださいます。

f:id:acu_qian-ming:20180814224254j:plain

 

 マニホンマムシの牙。

他のヘビと比べてもとても小さい。この小さい注射針の牙が、ハブ咬傷より死者を多く出しています。

f:id:acu_qian-ming:20180814224552j:plain

 

最後はお約束(^^♪ ヘビとのふれあい(^^♪ ボールニシキヘビ。

つやつやで触っていて気持ちいい(^^♪

f:id:acu_qian-ming:20180814224639j:plain

あ~、蛇飼いたい(>_<)

誕生日の蛇研、充実した1日でした(^^♪

 

ランキングに参加しております。ぽちっとお願い致します(^^)/


にほんブログ村


にほんブログ村


人気ブログランキング

原爆の図 丸木美術館

◆約30年ぶりの来館◆

アトリエみちのそら さんの絵本哲学カフェ~「100万回生きたねこ」に参加した後に、息子は「行かない」というので、娘と二人で片道約40分の原爆の図 丸木美術館に行ってきました。

 

原爆の図丸木美術館 / Maruki Gallery For The Hiroshima Panels

 

私が以前丸木美術館に行ったのは、確か中学生か高校生の頃。多分、高校1年生の頃だったと思う。

その時の想いや感情が重すぎて、大人になっても忘れられずにいました。

自分に子供が生まれ、親になり、多感な中学生になったので、自分の子供達にも丸木美術館で何かを感じて欲しいと思いました。

 

f:id:acu_qian-ming:20180813131535j:plain

あれ?高1の時に来た時と、建物の印象が違う。
こんな感じだったっけ?

 

f:id:acu_qian-ming:20180813131602j:plain

 

この壁画と平和の鐘に見覚えがあるけれど、鐘の位置ってここだったっけ?

f:id:acu_qian-ming:20180813131722j:plain

そう思いながら美術館に入ると、中はまるで違う。確か1階建ての建物だったはずだけど、2階建てになっている。建て直しをしたみたいだ。

 

丸木美術館。

墨絵ってこんなにも迫力があるんだ。

f:id:acu_qian-ming:20180813132125j:plain

約30年ぶりに見た衝撃と圧力。

本当に魂の叫びだ。

でも、1945年8月6日の状況は、もっともっと言い表せないくらいの惨状だったはずだ。

1945年8月9日の長崎、1954年3月1日の第五福竜丸事件と、日本は原爆と水爆の被害を受ける。

戦争が終わっても終わらない原爆・水爆の図。胸が詰まる。

夏休みの自由研究で一人で来館したらしい中学3年生くらいの男の子が、うずくまり嗚咽を漏らしながら感想を書いていた姿が印象的だった。

 

企画展は「儀間比呂志展」。

沖縄の現状を、沖縄らしい明るい朗らかな着彩と鋭い視点の版画で訴える。

f:id:acu_qian-ming:20180813131848j:plainf:id:acu_qian-ming:20180813131937j:plain

アメリカ兵による少女集団暴行事件の作品もあり、明るい朗らかな着彩が返って残酷な沖縄の現状を浮き彫りにし、無言で訴えてくる。

ここにも終わらない戦争の歴史がある。


お土産のガイドブックとリーフレット。 

f:id:acu_qian-ming:20180813131804j:plain

 

そして、原爆の図を抜粋したポストカード2枚。

原爆の図にかかれている母子像。

f:id:acu_qian-ming:20180813132034j:plain

原爆の図 第3部 水 (一部抜粋)
  (略)

水、水。人々は水を求めてさまよいました。

燃える炎をのがれて、末期の水を求めて……

 

傷ついた母と子は、川をつたって逃げました。

川の深みに落ち込んだり、あわてて浅瀬へのぼり、走り、炎が川をつつんで荒れ狂う中を水に頭を冷やしながら、のがれのがれて、ようやくここまで来たのです。

 

乳をのませようとしてはじめて、

わが子のこときれているのを知ったのです。

 

20世紀の母子像。

傷ついた母が死んだ子を抱いている。

絶望の母子像ではないでしょうか。

母子像というのは、希望の母と子でなければならないはずです。

 

 

f:id:acu_qian-ming:20180813132102j:plain

原爆の図 第11部 母子像(一部抜粋) 

家の下敷きとなり、燃えさかる中を、

親は子を捨て、子は親を捨て、

夫は妻を、妻は夫を捨てて

逃げまどわなければなりませんでした。

 

それがほんとうの原爆の姿なのです。

だが、そうした中で不思議な事に

母親が子供をしっかりと抱いて、

母は死んでいるのに子供が生きているという、

そんな姿をたくさん見ました。

 

親になって改めてみた原爆の図は、この2つの母子像に心を打たれた。

私の誕生日はポツダム宣言受託の日。改めて広い視野で1945年8月の出来事を考え続けたいと思いました。

 

ランキングに参加しております。ぽちっとお願い致します(^^)/


にほんブログ村


にほんブログ村


人気ブログランキング

絵本哲学カフェ~「100万回生きた猫」~

◆いろいろな視点と解釈◆

8月12日(日)は、アトリエみちのそらさんの「絵本哲学カフェ」~『100万回生きた猫』 に参加してきました(^^♪

www.facebook.com

私の母校でもある直ぐ近くの小学校で読み聞かせのボランティアをやっているので、この「100万回生きた猫」は時々読む絵本の1冊です。 

f:id:acu_qian-ming:20180809070025j:plain

小学生の時に読んだ時はよく分からず、あまり心に残らなかった。

大人になって、自分の子供に、他の子供達に読むようになり、もの凄く奥の深い絵本だと思い、自分なりに考えていました。

 

100万回生きた猫が何故、最後は生き返らなかったのか?

私は「『生を生きない者は、死をも死ねない』ので、最後は自分から生を生きたからこそ死ぬことが出来た。」という解釈。

私の大好きな山岸涼子作品の中に「朱雀門」という作品があり、この「朱雀門」は芥川龍之介の「六の宮の姫君」をベースにしてある作品。この「朱雀門」の中で登場人物が「芥川龍之介は)生を生きない者は、死をも死ねない。と言いたいのよ。」という台詞があります。この一言が、「100万回生きた猫」にも通じると考えています。

色々な人の意見や解釈を聴き、違う視点でもこの絵本について考えることが出来ました。

 

登場人物の「白猫」。

f:id:acu_qian-ming:20180813080104j:plain


この「白猫」をみると「女は男に媚びを売ってはダメ」と思い知らされる(笑)

俗な見かたをすると、「とら猫」というモテるハイスぺ男を値踏みし、「とら猫」に群がるメス猫の一匹にならず、「とら猫」に興味を持たせ「とら猫」から行動させる計算高い(頭のいい)いい女(メス猫)。という見方をしている自分が出てきました(笑) 同時に、男を変えられる力(魅力)を持った神秘性の女という見方も出来たり(笑)

 

前半の布石としてしか見ていなかった登場人物も、視点を変え掘り下げて見ると、とても魅力的な人物像だったり。私にはなかった視点でした。

f:id:acu_qian-ming:20180813080130j:plain


「『生を生きない者は、死をも死ねない』ので、最後は自分から生を生きたからこそ死ぬことが出来た。」

この解釈は、他の人の意見を聞いても私の中ではブレなかったのですが、その周りの事を膨らませて考えることが出来たので、この絵本がとても好きな一冊になりました。

 

自宅に帰って来て、娘と「原爆の図 丸木美術館」に行き、その帰路の途中でフッと浮かんだ考え。

最後の一文。「ねこは もう、けっして 生きかえりませんでした。」

「 『最後は自分から生を生きたからこそ死ぬことが出来た。』と思うけれど、生きかえって、自分の大切な人がいない世界を、大切な人がいないのを抱えて生きていくのは、とても辛くて残酷な事だ。とら猫が、生き返らなくてよかったな。」と思いました。

 絵本哲学カフェ~「100万回生きた猫」~、とても楽しい充実した時間でした(^^♪

 

ランキングに参加しております。ぽちっとお願い致します(^^)/


にほんブログ村


にほんブログ村


人気ブログランキング

更年期の汗(1) ~「更年期」を「幸年期」へ!(48)~

◆汗が噴き出る◆

 更年期になると、「汗が噴き出してくる」「他の人は汗をかいてないのに私だけ汗だく」という人が多いですね。

 

f:id:acu_qian-ming:20180812073314j:plain

ホットフラッシュと言って、上半身ののぼせやほてり、発汗などが起こる更年期障害・更年期症状の一つです。「汗が噴き出てくるので恥ずかしい」「汗だくになるので外出したくない」という方もいる位、精神的な面でもプレッシャーを感じる症状の一つだと思います。

 

ホットフラッシュは、女性ホルモンの分泌が急激に低下し、バランスが崩れることが原因です。ホルモンバランスが乱れ自律神経の調節が上手くいかない状態で、血管の収縮と拡張のコントロールが上手く出来なくなるために起こります。

ホットフラッシュの原因は女性ホルモンの低下なので、HRT(ホルモン補充療法)が効果的です。「40代後半になり、汗かきになった。」という方は、HRTを試してみるのも良いかと思います(^^)

 

所謂更年期世代は、更年期症状も出てきますが、他の病気も出てくる年代です。

自己判断しないで、まずは婦人科に行って検査してくださいね。ホットフラッシュの症状に隠れて、高血圧や甲状腺機能亢進がある場合がありますから。

 

ランキングに参加しております。ぽちっとお願い致します(^^)/


にほんブログ村


にほんブログ村


人気ブログランキング

今日からお盆休みです

◆休みでも仕事山積み(;´Д`)◆

今日からお盆休みに入りました。

  8/11〜8/16まで休み。

  8/17は普通営業。

  8/18はお休み。

普段出来ない事をやろうと思っていますが、どこまで出来るか?(´ω`;)

まずは、普段目一杯手抜きしている掃除(笑)(^^;;

本棚の整理。趣味の天然石アクセサリー作り。読書。やりたい事は山積み。

休み中に、学会発表用資料の絵も描かなくちゃならない(;´Д`)

 

休みでも生活習慣はそのまま。早寝早起き。仕事しないだけ(笑)(^^;;

 

お出かけをされる方も多いかと思いますが、車の運転に気をつけ、しっかり暑さ対策をし、楽しいお休みにしてください(^-^)

 

ランキングに参加しております。ぽちっとお願い致します(^^)/


にほんブログ村


にほんブログ村


人気ブログランキング