メノポーズ鍼灸院へ ようこそ! <「更年期」に寄り添う「メノポーズ鍼灸®️」 の はり・きゅう陽明堂>

登録販売者・メノポーズ(更年期)カウンセラー・サプリメントアドバイザーなどの資格がある鍼灸院の院長です。鍼灸や東洋医学・更年期などについて書いていきます。趣味の天然石アクセサリー作りやハーブ・薬草もあり(^^)

父の事(7)~癌とALSと~

◆死に向かう患者に暴言を吐く医師◆

 「11月2日に入院先を見つけ連絡します。」と言ったAクリニックの院長。

午後2時を過ぎても一向に連絡なし。

母が仕方がないので電話をすると、訪問する必要も予定もないのに、事務員と新人の事務員と3人で来ました。電話連絡で済むのに。

 

父は「この医者は金儲けばかりで、信用できない!」とあからさまに不愉快顔。

私も「なんで来たんだ?」と納得が出来ず、不愉快。

信用できない不愉快な医師が上から目線で命令口調で言うのが、日に日に動けなくなり、呼吸が苦しくなっていく父には、耐えられなかったのだと思う。身体の自由が利かなくなれば、不満も溜まってくる。

上から目線で血圧を計ろうとしたしたAクリニックの院長に、声を荒らげた。

私も医療従事者だからわかる。

患者さんが声を荒らげるのは、思うように行かない状態が歯がゆく、悔しいから。それを受け止め、受け流し、いい方法を考え、御家族の間に入り、最善を尽くすのが医療従事者の役割だと私は思っている。そうありたいと思っている。

Aクリニックの院長は、そんな父に暴言を吐いた。「そんな態度では、何処も受け入れない!『ありがとう』という言葉が出ない人は、何処に行ったって受け入れられない。」

患者さんのやるせない叫びを医療従事者として慮れず、同じレベルで暴言を吐く医師。

ドクハラです。

「何様だと思ってるんだよ?

死に向かっていく患者とその家族に、よくそんな暴言を吐けるな?」

という言葉を無理矢理飲み込みました。

 

このAクリニックの院長と縁を切る為に、呼吸の苦しさを和らげ誤嚥性肺炎の疑いがあるから入院したいと、父は言い出した。

入院すれば、もう自宅には帰ってこられないかもしれないのに。

 

ALS の父を自宅にいられるようにするだけでも大変なのに、こんな理不尽で悔しく不愉快で腹の立つ事があり、必要以上にストレスが溜まり、神経がすり減ります。

 

ランキングに参加しております。ぽちっとお願い致します(^^)/


にほんブログ村


にほんブログ村


人気ブログランキング