メノポーズ鍼灸院へ ようこそ! 〜「更年期」を「幸年期」へ〜 「メノポーズ鍼灸®️」 の はり・きゅう陽明堂

登録販売者・メノポーズ(更年期)カウンセラー・サプリメントアドバイザーなどの資格がある鍼灸院の院長です。鍼灸や東洋医学・更年期などについて書いていきます。趣味の天然石アクセサリー作りやハーブ・薬草もあり(^^)

更年期の不眠 (1)〜「更年期」を知って「幸年期」へ!(42)〜

◆不眠にも種類があります◆

 更年期の症状の一つに「眠れない」があります。「眠れない」は不眠症にあたり、大きく4種類に分けることができます。

f:id:acu_qian-ming:20180617105357j:plain

 

早朝覚醒

  起きようと思っている予定の時間よりも2時間以上早く目が覚めてしまう状態。一度目が覚めてしまうと、もう一度寝ようと思っても寝られない。

 

②熟眠障害

 睡眠時間の長さはいつもと同じなのに、眠りが浅くて疲れが取れず、寝た気がしない感じ。日中眠くなってしまう。

 

入眠困難

 布団やベッドに入って、眠りにつくまで30~1時間以上時間がかかってしまったり、眠れないという状態。

 

中途覚醒

 眠りに入って起きるまでの間に、何回も目が覚める状態のこと。

 

 ①②③④の症状が同時に複数現れる事があります。

 

不眠症を起こす主な原因は、

 ・環境要因…時差・枕・気温・騒音・明るさなど

 ・身体要因…年齢・性差・頻尿・痛み・痒み・冷えなど

 ・心の要因…悩み・イライラ・緊張・精神的ストレスなど

 ・生活習慣要因…アルコール・カフェイン・薬の副作用・運動不足など

更年期女性の不眠は、卵巣の機能停止に伴う身体症状だけでなく、いろいろな要因が複雑に絡み合っています。

 

ホルモン補充療法ガイドライン2017年度版によりますと。f:id:acu_qian-ming:20171118070004j:plain

 

HRT(ホルモン補充療法)は、不眠に対して有効である。とあります。

f:id:acu_qian-ming:20180617105201j:image

・更年期女性の不眠症状は血管運動神経症状のほか、うつや不安との関連も強く、HRTがうつや不安を緩和することによって睡眠状態の知覚が改善され、自覚的不眠が解消する可能性がある。

・更年期の不眠症状に対してはHRTよりも催眠鎮静薬の有効性が高いと考えられる。

とあります。

 

HRTで不眠症状が改善される場合が多いですが、まずは早寝早起き・運動を生活習慣に取り入れましょう(^^♪

眠れない事がストレスになる場合は、催眠鎮静薬を使うのも良いかと思います。

鍼灸治療でも不眠の改善が期待できるので、是非はり・きゅう陽明堂にも御相談ください(^^)/

 

ランキングに参加しております。ぽちっとお願い致します(^^)/


にほんブログ村


にほんブログ村


人気ブログランキング