メノポーズ鍼灸院へ ようこそ! 〜「更年期」を「幸年期」へ〜 「メノポーズ鍼灸®️」 の はり・きゅう陽明堂

登録販売者・メノポーズ(更年期)カウンセラー・サプリメントアドバイザーなどの資格がある鍼灸院の院長です。鍼灸や東洋医学・更年期などについて書いていきます。趣味の天然石アクセサリー作りやハーブ・薬草もあり(^^)

どう違うの?「更年期症状」と「更年期障害」 ~「更年期」を知って「幸年期」へ!(21)~

◆「更年期症状」と「更年期障害」の違い◆

40代に入ると何となく疲れやすくなり、不調を訴える人が多くなりますね(^^;)

所謂、「更年期症状」が出てきます。

 更年期の定義は、

「更年期」って何だろう? ~「更年期」を知って「幸年期」へ!(1)~

こちらをご覧ください(^^)/

 

一般に更年期の症状だと考えられているのは、「ホットフラッシュ」がダントツで多いです。

逆を言えば、「ホットフラッシュ」がなければ 更年期だと思っていない。という事にもなります。

実際には、日本人で更年期の時期に一番多く訴える症状は「肩こり」と言われています。

f:id:acu_qian-ming:20180114221511p:plain

更年期は女性ホルモンが変動しながら減っていく時期で、女性ホルモンの減少は「更年期症状」として出てきます。

肩こり・のぼせ・ほてり・発汗・頭痛・腰痛・関節痛・しびれ・物忘れ・浮腫み・耳鳴り・視力低下・血圧の変動・疲れやすい などたくさんあります。

f:id:acu_qian-ming:20180114222826p:plain

 

◆ 「更年期症状」と「更年期障害」の定義 ◆

閉経の前後5年間を更年期と呼び、この期間に現れる多種多様な症状の中で、器質的変化に起因しない症状を更年期症状と呼び、日常生活に影響を与える場合を更年期障害とする。

まとめると、

 

◆更 年 期 症 状◆

・閉経期のホルモン変動による症状で、障害・病因の損傷がないけれど不快な症状

◆更 年 期 障 害◆

・更年期の症状が、日常生活に支障をきたす場合を更年期障害

 

「更年期症状」は多岐に渡りますが、日常生活に支障が出る「更年期障害」にならないようにしましょう。

更年期症状が、更年期障害になってしまう要因があります。

 ①女性ホルモンの減少

 ②環境変化

 ③性格や気質

f:id:acu_qian-ming:20180114201350p:plain

性格や日常の環境はなかなか変えられませんが、減少した女性ホルモンは補う事が出来ます!

HRT(ホルモン補充療法)は更年期治療の1つですので、しっかりと知って、自分で納得して選択する・しないを決めてください(^^)

 

ランキングに参加しております。ぽちっとお願い致します(^^)/


にほんブログ村


人気ブログランキング